ブラックリストとは?

債務整理の無料相談はこちらをクリック

↓  ↓  ↓

 

ブラックリストという言葉を耳にしたことがある人も多いはずです。
お金を借りる時などに良く用いられる言葉なのですが、このブラックリストとはいったい何を意味するのかを解説していきます。

 

一般的にブラックリストと言うと、要注意人物などと同義と考えて良いでしょう。
金融機関にてお金を借りることができない時に、このような表現をすることがあるのですが、実際にはブラックリストは存在しません。
存在しないものが、何故まことしやかに使われているのかと言うと、ブラックリストに相当するものがあるからです。

 

では、ブラックリストの正体は何なのかと言うと、個人信用情報と呼ばれるモノです。
個人信用情報とは、簡単に書いてしまうと金融機関が自分のところの顧客のデータを持ち寄ったもののことになります。
個人信用情報を共有することによって、各金融機関同士で顧客のブラックリストの情報を把握しているのです。
当然ですが、個人信用情報については第三者機関がきちんと管理しているものであり、この管理機関を個人信用情報機関といいます。

ブラックリストの正体である個人信用情報とは?

個人信用情報には様々なデータが掲載されています。
氏名、年齢、性別、生年月日、住所は勿論のこと、職業や年収、現在の借入れ金額、過去の返済履歴など、多くの個人情報が掲載されており、それらの個人情報を各金融機関で共有しているのです。

 

共有していると言っても、誰でも利用できるのではなく、クレジットカードの申込みがあった、キャッシングの申し込みがあったという時に各金融機関の審査部が照会を行っています。
クレジットカードにしてもキャッシングにしても、保証人なし担保なしとなる信用取引となることから、申込みをした人物が社会的に信用することができる人物であるかどうかを判断するために用いられるのです。

 

この個人信用情報に、過去の取引において返済の遅延がある、未払いがある、債務整理をしたことがある、自己破産をしたことがあるなどの掲載があるとどうでしょうか。
信用取引をするものだけに金融機関としては、その人にお金を貸しても大丈夫だと判断するのは難しくなりますよ。
これがブラックリストの正体です。

 

結果的に、過去に自分が行った過ちがそのまま自分に跳ね返ってきてしまっていると言っても過言ではありません。
また、もう1つ気をつけておきたいのが、1ヶ月の間に複数の金融機関に融資の申し込みを行っているケースです。
この場合、かなりお金に困っていると判断されてしまい、要注意人物と見なされてしまうことから、審査で落ちる可能性が高くなっています。
こうしたネガティブな情報が個人信用情報に掲載されることを、事故情報が掲載されていると言い、事故情報こそが巷でいうブラックリストそのものであると言って良いでしょう。

 

債務整理の無料相談はこちらをクリック

↓  ↓  ↓

お金を借りられないのはブラックリストに載っているから?

キャッシングやクレジットカードの新規発行ができないのはブラックリストに載っているからでしょうか?
理由はそれだけに限りませんが、ブラックリストに載っていればキャッシングやクレジットカードの新規発行はほぼ無理でしょう。

 

キャッシングやクレジットカードの新規発行には各金融業者の審査部が信用情報機関へ照会します。その段階でブラックリストに載っていればそれ以降の詳細な審査に移行しません。よって、第一段階で審査落ちすることになります。

 

もし、ブラックリストに載っているのに審査が通ったならばそれはたまたまでラッキーなことです。審査が通った理由として、結婚や離婚で名字が変わり審査部が見落とした場合でしょう。また、違法な金融業者(闇金・ソフト闇金)かもしれません。

 

仮にブラックリストに載っていなくとも、今までに他の金融業者への返済に滞納したり、そもそも収入がない・少ない・毎月安定していない方は審査が通りません。また、時代背景や景気などの外的要因により審査が通らないこともあります。

 

あなたがもし多額の借金を抱えており、返済の為の追加融資に審査落ちをしているようであれば債務整理を検討するのも手でしょう。また、闇金などに手を出さないようにご注意ください。

 

債務整理の無料相談はこちらをクリック

↓  ↓  ↓

債務整理したいがブラックリストに載ってしまう?

債務整理をするとブラックリストに載ってしまうので債務整理はしたくないという方が多いようですが、現時点でお金が借りられないのであればすでに何らかのブラック情報が登録されていると思って間違いありません。従いまして、債務整理をするとブラックリストに載ってしまうので債務整理はしたくないという心配は不要です。すでにブラックリストに載っているのと同じですから今更な話になってしまいます。
それよりも将来に向けて現状をどのように改善すかということの方が先決です。

 

借金体質から抜け出すためには、収入が急激に増えるか、債務整理をするかのいずれかしかありません。
問題なのは誰でも債務整理をすれば借金返済が楽になるわけではないということです。
自分のケースで債務整理をすれば借金返済が楽になるのか、弁護士などの無料相談を利用して確認してみましょう。
ギリギリまで粘って、いざ債務整理をしようとしても自分のケースでは借金返済が楽にならないということではシャレになりません。
今のうちにどのあたりまで粘れるのか自分なりに把握するのも手ではないでしょうか。

引っ越しをするなら債務整理前に

債務整理するとブラックリストに登録されるため賃貸の審査に当然通らなくなります。
現在の家賃が高く、少しでも安いところへ引っ越しを計画されているのであれば債務整理をする前に契約しましょう。
家賃が安くなれば、債務整理後の返済もずっと楽になります。
但し、月額何万円も家賃が安くなるのであれば引っ越しのメリットがありますが、数千円のしか家賃が安くならないのであれば引っ越し貧乏になってしまいますかそのまま移らないという選択肢もあります。引っ越しをすると敷金・礼金、その他様々な契約変更が必要になり元が取れるまでにはかなりの期間が必要になります。
車のハイブリッド車と同じで、ガソリン代を安くするためにハイブリッド車に買い替えを行っても、その差額の元を取るには何年もかかるということです。
こういう長期的な展望はお金に余裕のある方がする行動で、借金生活をしている方には短期的な解決が先になります。