ブラックリスト

ブラックリストとは?

ブラックリストという言葉を耳にしたことがある人も多いはずです。
お金を借りる時などに良く用いられる言葉なのですが、このブラックリストとはいったい何を意味するのかを解説していきます。
一般的にブラックリストと言うと、要注意人物などと同義と考えて良いでしょう。
金融機関にてお金を借りることができない時に、このような表現をすることがあるのですが、実際にはブラックリストは存在しません。
存在しないものが、何故まことしやかに使われているのかと言うと、ブラックリストに相当するものがあるからですね。
では、ブラックリストの正体は何なのかと言うと、個人信用情報と呼ばれるモノですね。
個人信用情報とは、簡単に書いてしまうと金融機関が自分のところの顧客のデータを持ち寄ったもののことになります。
データを共有することによって、各金融機関同士で顧客の情報を把握しているのです。
当然ですが、個人信用情報については第三者機関がきちんと管理しているものであり、この管理機関を個人信用情報機関と呼んでいます。

ブラックリストの正体である個人信用情報とは?

個人信用情報には様々なデータが記載されています。
氏名、生年月日は勿論のこと、職業や年収、過去の返済履歴などなど、多くの情報が記載されており、それらの情報を各金融機関で共有しているのです。
共有していると言っても、普段から使用するのではなく、クレジットカードの申込みがあった、キャッシングの申し込みがあったと言う時に参照することで審査を行っています。
クレジットカードにしてもキャッシングにしても、保証人なし担保なしとなる信用取引となることから、申込みをした人物が社会的に信用することができる人物であるかどうかを判断するために用いられるのです。
この個人信用情報に、過去の取引において返済の遅延がある、不払いがある、債務整理をしたことがある、などの記載があるとどうでしょうか。
信用で取引をするものだけに金融機関としては、その人にお金を貸しても大丈夫だと判断するのは難しくなりますよね。
これがブラックリストの正体です。
結果的に、過去に自分が行ったことがそのまま跳ね返ってきてしまっていると言っても過言ではありません。
また、もう1つ気をつけておきたいのが、1ヶ月の間に複数の金融機関に融資の申込を行っているケースですね。
この場合、お金を必要としていると判断されてしまい、危険な人物と見なされてしまうことから、審査で落ちる可能性が高くなってしまいます。
こうしたネガティブな情報が個人信用情報に記載されることを、事故情報が記載されていると言い、事故情報こそが巷でいうブラックリストそのものであると言って良いでしょう。