ブラックリストでも携帯電話の契約はできますか?

ブラックリストでも携帯電話を契約できるのかと言うことですが、この解釈には2つの意味があります。
同じブラックリストと言っても、一般的に使われる金融関係でのブラックリストと、携帯電話会社におけるブラックリストですね。
携帯電話会社におけるブラックリストとは、過去に料金未納を繰り返していたり、料金未納状態が続いてしまい強制的に解約となってしまったケースのことを指します。
こちらの意味のブラックリストになってしまいますと、基本的に携帯電話、PHSを扱っている会社間でデータ共有がなされていますので、未払いのまま解約された業者だけではなく、すべてのキャリアにおいて契約するのは難しいと言えるでしょう。
新規に契約を申し込んだとしても、先ず審査の段階ではねられてしまう可能性が非常に高いと言えます。

 

もう1つのケースである個人信用情報に事故情報が記載されているというブラックリストに関しては、基本的には関係ないと言って良いでしょう。
ただし、ソフトバンクに関しては信用情報機関に問合せをして、事故情報があるケースや、個人信用情報そのものが登録されていないケース、過去にソフトバンクを利用したことがないケースに関しては審査に落とすこともあるそうです。
ただし、これはソフトバンクに限った話ではなく、他のキャリアであっても似たようなことはあると考えて良いでしょう。
現在、携帯電話の新規契約者数は減少していることもあり、多少のことであれば各キャリアとしても審査で目をつぶることが増えているそうです。

 

携帯電話の契約とブラックリストの関係性について

携帯電話を契約する時の審査で良く見られているポイントを少し書いておきますと、先ほども書いたように過去に自社を含めて料金の踏み倒しを行っていないかは確実に見られます。
また、自社に別の回線を持っているのなら、そこで延滞を繰り返していないか、他社の携帯分割を同時進行していないか、しているのなら滞納していないか、などを中心に確認するようです。
ですので、基本的に審査の部分ではブラックリストであるかどうかは関係ないと考えることができます。
ただ現在は携帯電話と言ってもスマートフォンが主流となっていて、一昔前の携帯電話と比較すると本体の料金も随分と高騰していますよね。
そこで携帯電話を購入する時には、本体価格の割引とともに月賦で購入するのが一般的です。
そこで携帯電話会社としても分割ローンでの購入をしてもらいたいものなので、多少のことなら目をつぶることが増えており、審査に通ることができるようになっていると言って良いでしょう。

 


 任意売却のWEB相談はこちら