過去に借金を踏み倒したことがありますがブラックリストに登録されていますか?

過去に借金をしていたものの、返済することができなくなって踏み倒してしまったことがあるという経験をしている人もいるかもしれませんね。
こうした場合、俗に言うブラックリストにその情報が記載されてしまいます。
しかし、ブラックリストというリストそのものはなく、個人信用情報における事故情報の記載がそれに該当するものだと考えて良いでしょう。
個人信用情報とは、お金を借りようとしている人の社会的な信用度を示すものであると考えることができます。
氏名、住所、職業、年齢などといった個人情報を初めとして、現在利用している金融機関の借入情報などが記載されているのが、個人信用情報です。
そして、上でも書いたように借金を踏み倒すなどしてしまった時には、事故情報が記載されてしまいます。
キャッシングにしてもクレジットカードにしても、保証人なし担保なしで借金をすることができるものなので、申込みをしてきた人がどれだけ信用できるかが重要になるのです。
過去に借金を踏み倒したことがある、といった情報が記載されている人が申込みをしてきた場合、当然ですがその金融機関では信用されないでしょう。

 

個人信用情報の記載について

では、1度個人信用情報に事故情報が記載されてしまうと、一生キャッシングやクレジットカードの利用ができないのかと言うとそうではありません。
何故なら事故情報については、一般的に5年程度は継続して記載されることになっていますので、その期間が終了すれば個人信用情報から事故アリの記載が消されることになります。
ですので、一定の期間が過ぎた後であれば、再びキャッシングやクレジットカードの申込みをして、利用することもできるでしょう。
ただし、借金を踏み倒すなどのことを行ってしまった金融機関は別です。
こうした情報は社内情報として残されるものなので、その金融機関や関連する会社では申込みをしたとしても審査を通過することはないでしょう。
それだけ信用情報を傷つけてしまったと考えることができますね。

 

希に見かけることがあるのですが、ブラックリストからその情報を消しますといったようなうたい文句を掲げている業者もいます。
しかし、個人信用情報は余程のことがなければ、情報が消されることはありません。
余程のことと言うのは、幾つかあるのですが、間違って記載されていたりするケースですね。
ですので、いくらキャッシングなどを利用したいからと言って、そうした業者の甘い言葉には乗らないように気をつけて下さい。

 


 任意売却のWEB相談はこちら