ブラックリストに登録されるとお金を借りることが出来ないのですか?

返済ができなかった、債務整理をしたなど理由は様々ですが、これらは俗にいうブラックリストの登録対象となっています。
そもそもブラックリストとは何かというと、個人信用情報に事故情報が記載された状態のことを指すものです。
つまり、ブラックリストというリストが存在するのではなく、個人信用情報の状態を指す言葉だと考えて良いでしょう。
このブラックリストに登録された状態だとお金を借りることができないのか、というと、できる可能性もあるとしか言えません。
ブラックリストとは、上記でも書いたように個人信用情報にキズがある状態であり、これは信用取引においてはかなり大きなマイナスになります。
何故かと言うと、お金を借りている金融機関との契約で、お金を返すことが遅れたり、できなかったという情報だからですね。
キャッシングやクレジットカードと言うのは、担保なし保証人なしの信用取引となるものです。
つまり、金融機関すると万が一の時の保証がない状態で、お金を貸すことになるのですから、取引をする相手としてはやはり信用できる人に限ると言って良いでしょう。
申込みをした人が信用に足るかどうかを調べるのに、利用されるのが個人信用情報です。
この個人屎尿情報に事故情報が記載されていると、やはり金融機関としては審査の段階ではねてしまう可能性が高くなります。

 

ブラックリストでもお金を借りることができるケース

ブラックリストに登録していることで、新規で契約をするのは難しくなるのは解りましたよね。
では、既にキャッシングやクレジットカードを持っている場合ならどうでしょうか。
幾らブラックリストに登録されていると言っても、既に発行されているカードなので、返済さえきちんとできるのなら利用しても構いません。
ただし、クレジットカードの返済に困って、事故情報がついてしまったなどのケースであれば、最悪利用停止処分となることもあるので、そのことは忘れないようにして下さい。
どうしても返済が無理なのであれば、素直に取引をしている金融機関と相談しておくと良いでしょう。
返済できないケースであったとしても、自分から正直に申告することでブラックリストへの登録はされても、金融機関には良い印象を与えることができるからです。

 


 任意売却のWEB相談はこちら